【きもつき情報局】川上でビッグなお見合いイベント開催

豊かな自然と国の有形文化財に登録されている木造校舎などで知られる肝付町の川上地区。その川上地区で11月18日、大規模なお見合いイベントが開催されました。
前日の雨があがり、抜けるような青空が広がる中、地元肝付町や鹿屋市、そして県内各地やお隣の宮崎県からも100名以上の男女が川上に集結し、同地区では初めてとなる野外でのお見合いイベントが始まりました。
beginning.jpg
川上中学校跡に集結したお見合いイベントの参加者
主催したのは、地元川上の物産館「やまびこ館」と鹿屋市内のレストラン「アーリー357」。今回の狙いについて主催者が次のように説明します。
「今回のイベントは川上で予定している数あるイベントのうちの一つです。川上の豊かな自然環境を活かした出会いを演出していきたいと思っています。できれば、これに参加した人たちが川上のよさに触れて、いい思い出を持ち帰ってほしいです」(やまびこ館の館長、園田國治さん)
「これまでレストランの中でこうした出会いを演出してきましたが、限られた環境の中での出会いなので、せっかくカップルになってもなかなか長続きしないという問題がありました。ですので、今回のように自然の中でじっくり時間をかけながらお互いを知る機会を増やすことで、より深い結びつきが演出できるのではないでしょうか」(レストラン357のオーナー、田布施勘也さん)
予定の開始時刻から遅れること約1時間。午前11時ごろ、ようやく参加者の乗ったバスが会場の川上中学校跡に到着し、イベントがスタートしました。
最初に主催者側からのあいさつがあり、それに続いて参加者による自己紹介がありました。中学校の校庭に男性と女性がそれぞれ一列の円をつくり、外側にいる男性が移動しながら、一人あたり30秒ずつ自己紹介をしていきます。
たった30秒とはいってもなにせ数が多いので、それだけでも相当な時間がかかります。これには「世紀のイベント!?」をひと目見ようと集まってきた近所の人たちも手持ち無沙汰な様子です。「ひまがかかいむんじゃなぁ(ひまがかかるもんだね)」――そこにいたおばあさんの一人がいうとおりです。
spectator2.jpg
この世紀のイベント!?をひと目見ようと集まってきた近所のおばちゃんたち
ようやく自己紹介が終わると、今度は学校の裏側につくられた遊歩道を散策しました。
実は、この川上中学校のまわりにはいくつかの滝があり、いわゆるパワースポットのようになっています。そのスポットを歩いてまわることで川上の自然に触れてもらうとともに、その自然からパワーをもらい、それをカップル誕生へのエネルギーにしてほしいという狙いがあるのかもしれません。
woods02.jpg
みんなを歓迎しているかのようなつわぶきの花
woods.jpg
遊歩道ではたっぷり自然と触れ合います
それはともかく、散策が終わると、今度はバーベキュータイムです。公民館近くの広場に設けられた会場には地元の人たちが用意したおにぎりや煮しめ料理、そして和牛の肉や地元でとれた野菜などがあり、それを炭火で焼いて食べながら交流を深めていきます。
そんな彼らを見守るのは、美しい緑の山と青い空です。本当に気持ちのよい日です。
barbeq05.jpg
バーベキューが始まりました
すっかりお腹が満たされたところで、再び会場を川上中学校跡に移し、今度はトークタイムです。校庭に設けられた椅子とテーブルにそれぞれが自由に陣取り、お目当ての人に話しかけていきます(となるはずですが、恥ずかしくてなかなか話しかけられない人が多いようです)。
大隅町からやってきたという酒屋さんは、「雰囲気がよくていい感じですが、数が多いので、どの女性を選ぶか、難しそうです。川上はこれまで通り過ぎるだけでしたが、今度はじっくり見てみたいです」と語り、多少の緊張感の中、今回のイベントを楽しんでいるようです。
一方、大隅半島の対岸、薩摩半島からわざわざやってきたという20代の女性二人組は次のように話してくれました。
「知り合いに誘われて来ました。あまり期待はしていませんが、流れにまかせようと思います。期待しないことで何かが生まれることもありますしね。川上については、地元も田舎といえば田舎ですが、何かこう違う田舎の雰囲気です。人工的なものがほとんどないのがいいですね」
それぞれが、それぞれの思いや期待を胸に、トークタイムが続いていきます。
talksession03.jpg
木造校舎がみんなを見守っています
それが1時間半ほど続いた後はコンサートです。演奏するのは南米ペルーからやってきた3人のミュージシャン。テンポのいい音楽にみんなノリノリです。参加者だけでなく、スタッフや会場に見物にやってきていた人たち――おばあちゃんたちも含めて――が踊りだします。
けっこうな盛り上がりです。
musician.jpg
校庭がコンサート会場に早変わり
music03.jpg
みんなノリノリです
music01.jpg
音楽は国境や年齢、性別を超える?!
その盛り上がりの流れに乗せるかのように、ようやくやってきました。
告白タイムです。
男性の1番から一人ずつ、お目当ての女性に「愛の告白」をしていきます。このころには山の向こうにすっかり日は沈み、昼間の汗ばむほどの陽気がうそのように肌寒いくらいです。
「おともだちからで結構ですのでよろしくお願いします」――残念ながら、そうした男性からの申し出に応える女性は簡単には現れません。中には一人で複数の男性から誘いを受ける女性もいますが、なかなか「はい」という言葉は聞かれません。
結局、カップルになったのは合わせて8組でした。100名を超える参加者ですから成功率は決して高いとはいえませんが、何せ今回が初めての試みです。初めてにしては上々の結果というべきなのかもしれません。
luckyones.jpg
おめでとう!カップル誕生です
いずれにせよ、見事カップになった人たちも、そうでなかった人たちも、今回、川上の美しい自然とその自然がもたらす恵みを存分に味わえたのではないでしょうか。そして、彼らの心の中にはそれが忘れがたい思い出として残ったのではないでしょうか。
主催者によると、今後も季節ごとの趣向を凝らしたお見合いイベントが続くとのことです。まさに、継続は力なり、です。こうしたイベントがこれからも続いていって、きもつき、そして大隅の地にたくさんのカップルが誕生することを期待したいものです。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)