【きもつき情報局】チョコづくりで婚活支援

肝付町が主催する婚活支援イベント「第7回君に胸キュンinきもつき~ちょっと早めのバレンタイン編~」が2月2日、同町新富にある高山やぶさめ館で開催されました。
このイベントは、少子高齢化対策、定住促進の一環として平成23年から年に4回行われているもので、行政が中心になって出会いを演出しているという点でめずらしい取り組みといえます。
この日集まったのは町在住者を中心とした30代から50代の男性13人、女性7人で、町外からも参加者がおり、遠いところでは奄美大島からの男性参加者もいました。
no7_konkatu_4.jpg
ちょっと緊張ぎみの自己紹介
初めに行われたのは一人2分間の自己紹介です。対面式で丸く二重に並べられた椅子を女性が移動していくスタイルで、「最初の印象が肝心」と趣味や仕事などをお互いにアピールしていきます。
それが終わるとこの日のメインイベント、チョコレート菓子づくりです。バレンタインデーが近いということで企画されたもので、いくつかの工程にわけて参加者全員でチョコレートムースをつくっていきます。
no7_konkatu2.jpg
白色陶器にムースを盛り付けているところ
ビンゴゲームで作業の順番を決めながら、順に生クリームの泡立てや湯せんでチョコレートを溶かすなどの作業をこなしていきます。一人が終わると次の人が新たな工程に進むというスタイルで、みんなで協力しながらつくっているという気持ちが場の空気を和ませているようです。また作業の合間にも質問時間やティータイムの時間が設けられて参加者同士の会話も弾んでいました。
ちなみに、出来あがったチョコレートムースは午後から設定されたフリートークの時間にお茶と一緒に出されました。
さてフリートークが終わると、いよいよカップルの発表です。参加者がそれぞれ意中の人の番号をカードに記入し、運営スタッフがそれを集めてナンバーを照らし合わせてカップルを発表していきます。
no7_konkatu3.jpg
拍手で成立カップルを祝福
発表前に運営スタッフの一人は「今回は全体的におとなしい雰囲気で、カップル成立は難しいかもしれません」と若干不安そうでしたが、実際にふたを開けてみると2組のカップルが誕生しました。
次回は4月に内之浦地区で開催される春のえっがね祭りに合わせて同地区で開催されることになっています。
詳しくは肝付町内之浦総合支所町民生活課婚活応援班(電話/0994-67-4512、FAX/0994-67-4117)までご連絡ください。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)