【きもつき情報局】学びで生きがいのある人生を!

肝付町では毎年、「まなびと思いやりの心で人と地域をつなごう」をテーマに生涯学習大会が開かれていますが、今年もまた2月24日、8回目となる大会が開かれ、およそ750名の来場者がありました。
20130226zentai.JPG
多数の来場者で熱気あふれる町文化センターのホール
今年の大会では、長年にわたり地域の生涯学習活動の支援に尽力した生涯学習功労者や町読書感想文・感想画コンクール受賞者などの表彰式に続き、農家や中学生などによる「まなび発表」と歌手のジュディ・オングさんによる文化講演会がありました。
20130226hyosho.JPG
表彰を受ける保育園児
表彰式に続いて行われた「まなび発表」では、スポーツジムを運営するチャレンジスポーツ代表取締役の瀬戸俊一さんやカラーピーマン生産農家の武田裕史さん、「侍金ねっかいよろ会」の牧谷フヂさんがそれぞれの活動を紹介しました。
なかでも、牧谷さんのユーモアを交えた鹿児島弁による発表は大いに会場をわかせ、来場した肝付町前田の女性は「いちばん印象に残りました。高齢者の方なのにしっかりしゃべっていらっしゃって、とてもよかったです」と楽しんだ様子でした。
また、「県外子ども研修視察事業」に参加し、岐阜県を訪問した高山中学校の1年生5人が研修で学んだことを報告したほか、肝付町中学校英語暗唱大会で最優秀賞を受賞した中学生3人による流暢な英語暗唱も披露されました。
20130226chugakusei.JPG
岐阜での体験を発表する高山中学校の1年生
最後に歌手のジュディ・オングさんが「輝いて生きる」を演題として講演。ヒット曲「魅せられて」にまつわる裏話を披露したあと、芸能活動のかたわら40年近く続けている木版画の創作活動や慈善活動への取り組みを紹介しつつ、「人生やってみなければわかりません。いいかもしれないと思ったら、挑戦してみてください。目標があることで、人生が面白くなります。好奇心を持って、笑顔で輝いて生きましょう」と会場に集った人たちに呼びかけました。
また、ロビーでは、生涯学習講座の作品展示や町内の各学校や保育園、幼稚園の教育活動についての展示があり、来場者は「みんなよく勉強をしておいやるもんじゃ」「よくできているが」などと口々にいいながら作品に見入っていました。
20130226tenzi.JPG
生涯学習講座の作品をじっくり眺める来場者
20130226gakkotenji.JPG
小中学校の活動を紹介する展示
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)