高山やぶさめ祭り

四十九所神社の900年近く続く伝統行事「流鏑馬」に合わせ、毎年10月の第三日曜日に開催される肝付町最大の祭りです。午前中は町の中心部に位置する高山橋河川敷広場で魚のつかみ取りをはじめとする各種イベント・アトラクションが行われ、午後からはいよいよ四十九所神社にて「流鏑馬」が奉納されます。

<四十九所神社の流鏑馬>

狩衣装束にあやい笠を身にまとい、弓受けの儀により神の使いとなった射手は神馬とともに馬場を疾走します。
約330メートルの馬場を3回駆け抜けながら、合計9本の矢を放ちます。
射手は毎年、中学2年生の男子から選ばれ、約30日間、毎日行われる稽古と、二日前からの宮篭り、数々の儀式を経て本番に向かいます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー