探査機「はやぶさ」とは

「はやぶさ」(MUSES-C)は、小惑星探査を目的に開発された探査機です。

これまで人類がサンプルを持ち帰った天体は月だけですが、月は変成してしまったため、太陽系初期のころの物質について知ることができません。小惑星は惑星が誕生するころの記録を比較的よくとどめている化石のような天体で、この小惑星からサンプルを持ち帰ること(サンプル・リターン)に成功すれば、惑星誕生の手がかりが得られます。

2003年5月9日、はるか1億4千万キロ以上離れた小惑星「イトカワ」からサンプルも持ち帰るという偉大なミッションを背負い内之浦宇宙観測所から打上げられました。

度重なるトラブルの末、何とかサンプル採取に成功。しかしその後も苦難が続き、一時は2か月近くにわたり交信が途絶えることも。ようやく地球への帰還が始まりましたが、最後に4基あるエンジンが全て止まってしまい絶体絶命の状態になります。もはやこれまでと思われましたが、各エンジンの使える部分だけを組み合わせて運転するという、一か八かの大胆な発想で最大の難局を乗り越え、2010年6月13日、サンプルが入ったカプセルを地上に送り届け燃え尽きました。

人類初となる小惑星のサンプルリターンに成功した快挙をたたえ、毎年6月13日は「はやぶさの日」に制定されました。

 

< 「はやぶさ」の概要 >

大きさ(本体):1m×1.6m×1.1m(衛星本体)

太陽電池パドル展開時:3m×4.2m×3m)

重さ:510kg(打上げ時、燃料重量を含む)

航続した距離:50~60億キロ(※宇宙空間では座標軸が異なるので実はあまり意味がないそうです)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー