食らう 食らう 食らう

 打合せのため観光協会会員さんの所にお邪魔した。ここは料理が評判の宿でリピーターも多い。この日は本マグロが上がったからといってわざわざ夕食を準備してくれていた。
【冷凍じゃないよ】 生のマグロを食べられる機会なんてそうあるものじゃない。
潮騒1
写真では分かりずらいが、ツマのダイコンだって桂剥きで作っているのでハリと透明感が違う。
そしてメインはキダカ(ウツボ)の鍋。ぷるぷるした中にもうま味があってメチャメチャ美味しい。
【どうだ!】
潮騒2
自分もウツボを料理したことがあるが、とにかく処理が大変。あまりに難儀したのでめんどくさくなってぶつ切りにして鍋で食べてみたが、ろくすっぽヌメリもとらずに(とゆうかなかなか取れない)生臭くて食べれた物ではなかった。ここでは丁寧にヌメリをとり骨や肝で出汁をとるところまでやっている。
処かわって昨夜の男めし。
【もつ鍋】譜面用のライトと手製の折りたたみの風よけ、小さめのキティちゃんの鍋が大活躍だ。
男めし1
【snowpearkの折りたたみハンドルのチタン製カップ】ロゴがすり減って無くなるくらい愛用している。
男めし2
保温性を考えると中空構造になっているものが良いのだが、男なら直火にかけてしまうのでこれで良し。
割り切って行こう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー