第5回観光ガイド養成講座 ~ディスカバー肝付~

観光ガイド養成講座もいよいよ第5回目を迎えました。
今回は、『内之浦地区まちあるき、漁船クルーズ、内之浦宇宙空間観測所』と、
陸も海も宇宙も盛りだくさん。いろいろ学びたいと思いますφ(・ω・ )
ガイド研修 説明
【受講者の皆さん、魅力を案内できるように、頑張って研修しましょうp(*`・ω・´*)q】
今回は、「まちあるき」「漁船クルーズ」2班に分かれて行動します。
◆まちあるき
「皆さんに、私の好きな内之浦を案内します。」と、講師の渡曾さん
内之浦総合支所から港まで、約1時間散策します。
まちあるき 1班
【内之浦と海との関係を教えてくれました。】
まちあるき 1班②
【普段何気に通る路地も物語があれば充分観光スポット。これがまちあるきの醍醐味。】
まちあるき 2班
【町指定文化財:津口番所跡】
江戸時代の関所跡。手形や荷物を調べていました。(今でいう入国検査場になるのでしょうね)
途中、地元の蒲鉾屋さんに立ち寄り、製造過程の説明や、試食もさせてもらいました(´~`)
地元の味をお客様に紹介するのも大事なポイント!
内之浦地区は昔、郷士が中心に住んでいた「麓」と、
商人が住んでいた「浦町」、百姓が住んでいた「在」と
分かれていたらしい…今でも昔ながらの町屋敷が残っていたり、
古い宿の跡が残っていたりと、案内を聞かなければ、
わからないことばかりでした。
まさに『ガイドの必要性を再認識しました。』
一向変わって
◆漁船クルーズ
内之浦えっがね祭り期間に、漁船クルーズをしていただいてる、
「宝盛丸」の津代さんに、海からの魅力を紹介してもらいます。
クルーズ2班乗り込み
【船に乗り込みます】
クルーズ1班
【津代さんより内之浦湾の説明をしてもらいます。】
クルーズ 2班
【綺麗な浜もたくさん残っています。】
クルーズ 亀
【何に見えますか?シリーズ第1弾】亀!!
クルーズ 火崎灯台
【何に見えますか?シリーズ第2弾】
角度のよっては大仏様に見えます(-ι_- 3)船を見守っているみたいです。
クルーズ 火崎灯台 ソテツ
【津代半島先端の火崎灯台】
ソテツの自生北限地。1923年(大正12年)国の特別天然記念物に指定され、
農林水産省の管理のもとに保護されています。
さらに、こんなことが…
日本丸①
日本丸②
航海訓練船、帆船日本丸が内之浦湾に停泊中でした。
偶然ながらのサプライズに、皆さん大感激です。
間近からみた日本丸は、迫力満点でした。
海上からでなければ見られないものばかり゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
クルーズはぜひ多くの方に体験してもらいたいですね。

漁船クルーズご希望の方は、観光協会までご相談ください!

今日の研修はまだまだ終わりません。
移動しまして『内之浦宇宙空間観測所』で研修したいと思います。
今年、開設50周年を迎える観測所。
この場所が選ばれたエピソードや、それぞれの施設がどのような施設か、
職員の方しか知らない裏話も教えてもらいました。
観測所 M台地
【観測所井手所長代理より、施設の説明を受ける。】
組立棟内
【普段は入ることができない組立棟の内部】
※11/11の施設公開の時は、入ることができます。
M台地
【はやぶさを載せたロケットを打ち上げた場所…この内部にも入らせてもらいました】
整備等
【この建物のこの辺です】
整備棟内
【来年打ち上げのイプシロンの発射に向け、もうすぐ改修工事に入ります】
20m
【20mのパラボラアンテナ】
衛星からのデータを受信します。
時間が足りないぐらいでしたが、とても勉強になりました。
本日、研修した内容を再度復習して、
オリジナルのガイドをできるようになるよう
受講生皆さん頑張りましょう┗(`・∀・´●)
(そろそろ実践も取り入れていきたいです!)
次回は、11月16日おもてなし講座
お客様におもてなしを学びたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー