おのれ~(クワッ!!)

キダカ18.JPG
前から見てみたかったキダカ(ウツボ)捕りに同行させてもらった。
【このあたりでキダカを専門にとる漁師は一人しか】
キダカ1.JPG
【小串の磯】釣りの一級ポイントらしい。
キダカ2.JPG
【わかるかな】こんなところで釣を。
キダカ3.JPG
釣師もここまで来るとすごいな・・・(上の写真の一番海面に近いの三角の岩。うっすらハシゴもみえてマス)
【漁場に到着】2日前に仕掛けた籠を上げる
キダカ4.JPG
キダカ5.JPG
一本の幹糸ロープに5m間隔で30の籠がぶら下がっている。水深は25メートル位。この日は2本仕掛けていた。
キダカ6.JPG
【籠は幹糸から簡単に外せる】
キダカ7.JPG
キダカ8.JPG
【そこそこ数は獲れたが型が小さい】
キダカ9.JPG
【籠】鉄の棒は錘に
キダカ10.JPG
両方から入れるようになっていた
キダカ11.JPG
【何をしているかというと】仕掛けが引っかかっている。
キダカ12.JPG
おじさんが操作しているのは船のリモコン。ロープを引っ張る方向を変えて岩に引っかかった仕掛けをはずす。
【水揚げされたキダカは】 料理自慢の宿「潮騒荘」へ。
キダカ13.JPG
今のところ肝付町でキダカ料理が食べられるのはここだけ。いや、刺身や懐石風にキダカを料理する飲食店は全国的にも珍しいかも。ご主人は独自に研究を重ねて一級食材までもってきた。
【塩で】キダカ昇天の巻
キダカ15.JPG
約5分後
キダカ16.JPG
キダカ17.JPG
塩を振り掛けるとキダカは苦しがってのた打ち回る。自分で自分を傷つけ、さらにそこから塩が入るため余計に苦しいはずだ。暴れることでヌメリも取れる。
【いよいよ捌く】※潮騒荘のご主人ではなく、この漁師さんの手順です。
キダカ20.JPG
【なんとこの漁師は内臓まで食べる】この黒い部分を潰すととても生臭くなるそうで、注意して外すとのこと。
キダカ21.JPG
【腸壁】実はここがメチャメチャ美味しいとのこと。
キダカ22.JPG
これまで何度かキダカをさまざまな形で食べたことがあるが、内臓まで食べるとは初めて知った。
味噌で炊くといいそうだ。
キダカ23.JPG
【さて身は】こんなところに目串を打ってどうするのかと思いつつ
キダカ24.JPG
こんなやり方で皮を剥ぐのだ(ヘェー)
キダカ25.JPG
キダカ26.JPG
【タタキに】わりと強めに火を通していた。ちなみに肛門から後ろは小骨が多く使えない
キダカ27.JPG
このあと一度冷凍し、半解等の状態で薄くそぎ切りする。この漁師はキダカ特有の身に埋まっている小骨は取らなかった。
このタタキと内臓を頂き食べてみた(上手にこしらえられなかったので写真はパス)。タタキはその歯ごたえと旨みは「鳥刺し」のよう。内臓は人参・白菜・ねぎと一緒に味噌で煮込んで食べた。漁師が言ったとおり、独特の食感と旨みを堪能できました。

    • 匿名

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    キダカは食べたことないけれど、今度から何かを頂くときは残さず食べるようにします!!と思いました<(_ _)>

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー