3月11日の南日本新聞で大きく取り上げられた「段々畑の花咲か爺さん」こと長坪地区でイワツツジを育てている上村さん。昨日訪ねたら奥さんのヒロ子さんがたまたまいらっしゃった。
花1.JPG
【イワツツジは1本の枝先に3つ花をつける】写真は種。
花2.JPG
ここに生えているものは基本的に実生(みしょう)だ。
取木と違い、種から育てる実生はとても時間がかかる。ここに生えている花々はおばちゃんの子供。
花3.JPG
【花は3月いっぱい】
花4.JPG
さてところ変わって岸良地区の「テコテン桜」。樹齢およそ200年の山桜。昔むかし、北岳(テコテン)から採取してきたものを山の中に移植。時は流れその存在すら忘れられたが、近年になってある古老の言い伝えが浮かび上がり調べたところ、藪の中にひっそりとそして力強く生きていた。
【みかん畑の中に凛として】
花5.JPG
【毎年写真を撮りにきてる方】
花6.JPG
この日は新聞に載った直後だったため、早い時間にも関わらず既に4組ものギャラリーが。
花7.JPG
花8.JPG
【たまたま声をかけたら】持ち主の船間さん。毎年この季節が楽しみだそうだ。
花9.JPG
【円満桜】やはり岸良地区の山の斜面に丸い輪っかで植えてある。
花10.JPG
【思わず足をとめた】岸良の国道沿いのお宅の庭。
花11.JPG
花12.JPG
家の方に話を聞いたら、自分とおんなじように写真をとっていく人が絶えないそうだ。納得。
【もう代掻きが始まった】
花13.JPG
日日是好日。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー