金環日食ツアーの様子

2012年5月21日、日本では1987年の沖縄以来、25年ぶりとなる金環日食が観察されます。

全国的にも観察条件が良い肝付町の海岸から世紀の天体ショーを楽しんで頂こうと、金環日食ツアーを開催しました。

お陰様で多くの反響を頂き、県内外から多くの方にご参加いただきました。しかし当日は朝からあいにくの雨模様。それでも観測ポイントとした「辺塚」の浜は、ウミガメが産卵に来る、人工物が一切無い手付かずの美しい海岸。実際にウミガメの上陸跡をみて参加者の方も興味深々でした。

日食が始まる時間が近づきますが天気は一向に回復しません。あきらめムードが漂う中、7時21分、突如としてその時が訪れます。ほんの1分程度ではありましたが、突然雲が切れ日食を見ることが出来ました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー