「はやぶさの日」が制定されました

2003年5月9日、はるか1億4千万キロ以上離れた小惑星「イトカワ」からサンプルも持ち帰るという偉大なミッションを背負い内之浦宇宙観測所から旅立った惑星探査機「はやぶさ」。幾多の困難を乗り越え、2010年6月13日、サンプルが入ったカプセルを地上に送り届け燃え尽 きました。

人類初となる小惑星のサンプルリターンに成功した快挙をたたえ、毎年6月13日は「はやぶさの日」に制定されました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー