肝付町の紅葉情報 – 2019.11.18

肝付町もそろそろ紅葉の季節。
本日、道隆寺跡のモミジ本城の大イチョウの様子を見てきました。
どちらも見頃は11月下旬~12月初旬頃かと思われます。
どんな様子だったかは、写真をどうぞ(^^)/
*『肝付町の紅葉情報 – 2019.11.25

 

▽道隆寺跡のモミジ

江戸時代後期に薩摩藩が編纂した「三国名勝図会」よると、道隆寺は1246年(寛元4年)に、鎌倉時代に宋から渡来した禅僧・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が開基しました。
道隆禅師はその後北条時頼に請われて鎌倉に上り、巨福山建長寺を創建したと伝えられています。

建物は廃仏毀釈の際に破壊されたままですが、復元された石塔がもみじの木々の中に整然と並んでいます。
町指定史跡。

場所など、くわしくは【こちら】

道隆寺跡入口

1本だけ真っ赤に色づいていました。

色づいたモミジの足元には、赤いじゅうたんが。

このあたりはまだ青いようです。

ツワブキの花は見頃を迎えていました。

 

▽本城の大イチョウ

本城集落センター(旧本城小学校跡地)に立つ大イチョウ。樹齢不明。
大木の下では、地元のお年寄りたちがグランドゴルフをしたりお茶をのんだりしていることも。
大イチョウの奥は、国指定史跡・高山城跡の入口です。

場所など、くわしくは【こちら】

本城の大イチョウは、本城集落センターにあります。

全体的に少し黄色くなってきたかな、、という感じです。

緑色の葉っぱのなかに、黄色い葉っぱが何枚かありました。

丸太のいすに腰掛けると気持ちよさそうです。

 

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー