春の棒・鎌踊り – 宮下、野崎、波見

春分の日の頃、各地域を代表する神社に棒や鎌を手にした踊り手が集い、五穀豊穣を願って踊りを奉納します。
集落ごとに少しずつ異なる、独特のリズムと唄が特徴です。

地域主体で受け継がれている素朴な伝統行事。
見学は自由ですが、行事の妨げにならないようご配慮ください。

※日程は分かり次第、更新します。

1.宮下の棒踊り

成人男性による勇壮な踊り。かぎ引き、田の神舞も奉納されます。
※写真提供:肝付町(肝付町写真コンクール入賞作)

名 称 宮下(みやげ)の棒踊り
日 程 毎年3月中旬~下旬
場 所 桜迫神社
〒893-1205 鹿児島県肝属郡肝付町宮下1647

 

2.野崎の鎌踊り

地元の子どもたちが中心となり、天道池近くの神社で奉納されます

名 称 野崎の鎌踊り
日 程 毎年3月中旬~下旬
場 所 伊勢神社
〒893-1201 鹿児島県肝属郡肝付町野崎2675

 

3.波見の棒・鎌踊り

様々な世代により、権現山のふもとの神社で奉納されます。
※写真提供:肝付町(肝付町写真コンクール入賞作)

名 称 波見(はみ)の棒・鎌踊り
日 程 毎年3月中旬~下旬
場 所 住吉神社
〒893-1202 鹿児島県肝属郡肝付町波見3033

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー