シケのあとの大漁

家の前の浜から沖を見ていたら、何やら定置網周辺がにぎわっている。どうも大漁のようだ。港に行ってみるといるはいるは。
どの写真も小さく写っているが実際はどれも大きい。トロ箱の長辺が60㎝位。
【イサキ】
        ゆうに40㎝オーバー
イサキ
【アオリイカ】
         これもでかい
アオリイカ
【梅雨した鯵】
         ここのところ品薄だったがこの日は大漁。ざっと700箱の水揚げ
アジ
【アラ】
    出ました超高級魚!! メーターオーバー 重さも10k越え。 一体いくらで取引されるのだろう
アラ
【シイラ】
   漂流物に付く性質が強いため、地方によっては「シビトクライ」といって嫌がられる場合もあるが、新鮮なものは刺身でも美味しい。
シイラ
【ムロアジ】
  大物釣りの餌や干物加工用として使われ鮮魚で店頭に並ぶことは少ない。痛むのが早くアジといってもマアジとは別物。大変うま味が強く、新鮮なものの刺身は絶品。しかし3枚に下ろした時点から急速に自己分解酵素による劣化が始まり、分単位で身がグダグダになっていくので、なかなか美味しく食べられる機会がない
ムロアジ
【アカヤガラ】
  これも見た目に反して美味しいのだ。
アカヤガラ
【上から チダイ(レンコダイ)、オオニベ、マダイ】
  なんといっても驚いたのがオオニベ!! ニベにこんなでっかい種類があったなんて。30キロオーバーになる個体もいるそうです。ここまで大きいとさすが「ニベ」もないもないとは言ってられない。
オオニベ
【マダイ】
       でかい!でかすぎる!!(写真だと本当に小さく見える・・・) これも10kくらいだそうです。
タイ
今後も水揚げ状況などレポートしていきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー