きもつき塗り絵コンクール〈結果発表〉

7月17日まで作品を募集していた「きもつき塗り絵コンクール」。
応募してくださったみなさま、ありがとうございました!
※企画の概要はコチラ:きもつき塗り絵コンクール〈締め切りました〉

応募総数は173作品!
最年少は2才、最年長は70代。
肝付町内の方が約7割、鹿児島県外の方が約2割でした。
県外の方は、肝付町を訪れたことはないけれどインターネットでこの企画を知り、応募したという方がほとんどでした。
また、これまでに肝付町観光協会主催のイベントにご参加いただいた方からのご応募もあり、うれしく思いました。

作品の審査は、事前投票として内之浦総合支所の皆さんにご協力をいただき、
最終審査を内之浦在住の画家・田畑明美さんにお願いしました。
多くのご応募をいただいたので、急きょ賞の数を増やし、大人と子どもに賞が行きわたるようにさせていただきました。
ここでは受賞作品のみご紹介しますが、このほかにも、自由でカラフルで素敵な作品がたくさんありました!

選外となった方のうち、抽選で50名様には肝付町観光協会の一部の加盟店で使えるクーポン券を、
そしてこの抽選からも外れてしまった方には、初企画記念として「いて丸クリアファイル」をお贈りします。

それでは、受賞作品をお楽しみください!

 

きもつき塗り絵コンクール
受賞作品

▶ テーマ①:高山やぶさめ祭

元の塗り絵

▷ グランプリ

「射抜け」
作:Akarunagi さん
(40代、広島県広島市)
作者のひと言:流鏑馬の魅力が伝わればと思います。

田畑明美さんの講評
混色の使い方が上手で、馬と射手の立体感がよく出ています。
周囲との対比も作られており、主役が引き立てられています。

事務局より
作者さんは肝付町を訪れたことがないそうです。
企画を見つけてくださりありがとうございました!
賞品として「肝付町の特産品セット1万円分」をお贈りします。

 

▷ 準グランプリ

「勇気をもって!」
作:しろくま さん
(20代未満、鹿児島県肝付町)

田畑明美さんの講評
濃く塗られた射手・馬と、奥の景色が対比されていますね。

事務局より
後射手をしっかり描いているところは、肝付町民ならではの視点ですね。
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▶ テーマ②:糸川博士とロケット

元の塗り絵

▷ グランプリ

「博士はおしゃれ」
作:松田衣里華 さん
(30代、鹿児島県鹿児島市)
作者のひとこと:ロケット基地でもらったパンフレットを見て服の色を考えました。

田畑明美さんの講評
こちらも色を混ぜ合わせてきれいに塗られています。

事務局より
イプシロンは、姿勢制御装置の黒い煙まで書かれていますね!
賞品として「肝付町の特産品セット1万円分」をお贈りします。

 

▷ 準グランプリ

「ロケットのうちあげ」
作:中村大和 さん
(20代未満、鹿児島県肝付町)
作者のひとこと:ほしのつぶをがんばりました。

田畑明美さんの講評
背景の処理がおもしろい、ユニークな作品です。

事務局より
星が色とりどりに塗り分けられていますね。
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▶ テーマ③:アマビエいて丸

元の塗り絵

▷ グランプリ(おとな部門)

「アマビエちゃん」
作:みどりんご さん
(30代、兵庫県姫路市)
作者のひとこと:いて丸のイメージの紫色をベースに、アマビエのうろこをドレスの様に華やかにアレンジしました。
肝付町にゆかりのあるロケットやロゴマークもいれ、明るく楽しい雰囲気になるように仕上げました。

田畑明美さんの講評
そっくりそのままポスターにできるくらいの完成度!
洋服の模様の入れ方や、太陽光パネルの柄が放射線状になっているなど、凝っています。

事務局より
こちらも肝付町に来たことがない方です。
繊細な柄に、肝付町らしさも入れてくださいました。
賞品として「肝付町の特産品セット1万円分」をお贈りします。

 

▷ 準グランプリ(おとな部門)

「願いを込めて…」
作:なお さん
(30代、鹿児島県肝付町)
作者のひとこと:みんなの気持ちが少しでも明るくなる様にカラフルにしました。

田畑明美さんの講評
ペールトーンカラーのアマビエいて丸が、紺色の背景に浮き上がって見えます。

事務局より
七夕にちなみ、背景を星空にしている作品はいくつかありましたが、こちらを選ばせていただきました。
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▷ グランプリ(子ども部門)


「人々の願いをのせて」
作:用皆恵美華 さん
(20代未満、鹿児島県肝付町)
作者のひとこと:いて丸のかわいさにプラスして、グラデーションでアマビエの神ぴさを出してみました!

田畑明美さんの講評
元の絵の枠線の中で、色をうまく使って立体感を出しています。

事務局より
準グランプリの作品と迷いましたが、余白を含めて一つの作品になっていることを評価させていただきました。
賞品として「肝付町の特産品セット1万円分」をお贈りします。

▷ 準グランプリ(子ども部門)


「カラフルないて丸」
作:イチゴラブ さん
(20代未満、鹿児島県鹿屋市)
作者のひとこと:立体感が出るように、カラフル。

田畑明美さんの講評
こちらも元の絵の枠線の中で、テカリを描いて立体感を出しています。
枠線の中でどのように表現するかが塗り絵の醍醐味ですね。

事務局より
テカリと白い線がポイントですね!
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▶ その他(テーマ関係なし)

▷ 肝付町観光協会会長賞

「ヤンチャないて丸」
作:ゆきだダルま さん
(20代未満、鹿児島県肝付町)
作者のひとこと:最近のトレンドや、肝付町に関することをのせています。

肝付町観光協会会長のひとこと
ヤンチャでいいね!! おもしろい!

事務局より
スケートボードがかっこいいです!
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▷ たけちゃん賞

「大好きなきもつき町 じまんのきもつき町」
作:さくら さん
(20代未満(小3)、鹿児島県肝付町)
作者のひとこと:やぶさめ、花火大会、イプシロン、はやぶさ、きれいな夜空、えっがね、桜のきれいな公園、きもつき町のいい所をたくさん集めました!!

よしもと鹿児島住みます芸人・肝付町観光大使見習い
仮屋竹洋さんのひとこと

肝付町が大好きなこと、かつそれを絵におとしこめてるところがすごいと思いました。
愛が伝わりました。

事務局より
かわいい色使いですね!
賞品として「肝付町の特産品セット5千円分」をお贈りします。

 

▷ カラフルで賞

「虹色アマビエいて丸ちゃん」
作:ひなた さん
(20代未満(7才)、和歌山県和歌山市)
作者のひとこと:虹の色が好きなので、カラフルに、7才の娘がぬりました。

事務局より
こちらも肝付町に来たことがない方です。
カラフルで、元気さがよく出ています!
賞品として「肝付町の特産品セット3千円分」をお贈りします。

 

▷ リアルで賞

「逆境は新しい世界をひらく」
作:オレンジティー さん
(40代、神奈川県三浦郡葉山町)
作者のひとこと:肝付町から宇宙へ飛び立つイメージで背景を描きました。

こちらも肝付町に来たことがない方です。
糸川博士やロケットはもちろん、地球に肝付町がしっかり描かれています!
賞品として「肝付町の特産品セット3千円分」をお贈りします。

 

▷ 想像力ゆたかで賞

「ドヤドヤサーで元気なきもつき」
作:のろのろメガネ さん
(30代、千葉県千葉市)
作者のひとこと:アマビエが懸命に疫病をやっつけている様子を表しました。
周りの炎はドヤドヤサーをイメージしています。

こちらも肝付町に来たことがない方です。
まさかのドヤドヤサーとのコラボ!
賞品として「肝付町の特産品セット3千円分」をお贈りします。

 

以上です。
もしまた塗り絵コンクールを企画することがあれば、ぜひご応募ください。
ありがとうございました!

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー