国見山

標高886メートル。肝付町には国見・黒尊(くろそん)・甫与志(ほよし)の三山が南北に連なっており、山脈を境にして西側が高山(こうやま)町、東側が内之浦(うちのうら)町と分かれていましたが、2002年、国見トンネルが開通したことで双方のアクセスが大幅によくなり、2005年、両町が合併し「肝付町」が誕生しました。

途中、15基の風車を備える「国見山ウィンドファーム」や国土交通省のレーダー雨量観測所の施設があり、肝属平野や高隅山地、志布志湾などを一望できる風景が続きます。

神話伝説の「海幸彦・山幸彦」物語の山幸彦(彦火火出見尊)の山陵ともいわれ、国見権現の名で親しまれています。

尊を祀る祠があり、文化14年(1818年)9吉日の銘がある石灯籠をはじめ古跡塔があります。

<国見・黒尊・甫与志の三岳縦走へ>

名    称 国見山
住    所 鹿児島県肝属郡肝付町 国見山
電話番号
ホームページ
営業時間
メールアドレス
備    考 途中の国見平駐車場までは国見トンネルの高山側にある林道入口から7キロ、車で30分程度です。さらにゲートをくぐり、30分程度歩くと登山道入口があり、そこから10分程度で頂上に着きます。

アクセスマップ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー