船間ヘゴ自生北限地

船間(ふなま)集落は、岸良(きしら)地区から国道448号をさらに南下した場所にあります。

天然の地形を利用した良港である船間港のそばにある、「へゴの谷」と呼ばれる小さな谷間。
ここのヘゴの群落が、自生北限地として1926(大正15)年に国の天然記念物に指定されました。

大水害による流失や園芸ブームによる盗掘で一時は絶滅状態になってしまいましたが、1988(昭和63)年、当時の船間小学校文化財少年団と地区民の協力で約50本のへゴを移植し、「ヘゴの谷」はよみがえりました。
しかし近年、環境悪化の影響か、年々衰退してきています。

また、国道448号線沿いの途中、第九・第十船間橋からの眺めも見ものです。

 

 

基本情報

名  称 船間ヘゴ自生北限地
住  所 〒893-1511 鹿児島県肝属郡肝付町岸良

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー