二階堂家住宅

「趣味は田中角栄」
あまりにも有名な言葉を残した政治家、故二階堂進氏の生家。
江戸時代の郷士の住居として、1975年(昭和50年)国の重要文化財に指定されました。

はっきりとした建築年代は不明ですが、1810年(文化7年)頃の建築といわれています。
「おもて」の棟と「なかえ」の棟が直交した、雁行型の寄棟造の二棟造が特長です。
茅葺の薩摩藩の武家屋敷で現存するものは、他に2例しかありません。

もともと鎌倉幕府の武家であった二階堂家は、13世紀に薩摩警護のため中央より派遣されました。
その後、島津藩の命によりこの地を統治してきた役人の末裔です。

個人の所有物であるため、維持管理の費用として見学料を頂いております。
2016年7月にリニューアルしました。

 

 

基本情報

名  称 二階堂家住宅
住  所 〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富5595
見 学 料 ・大人(高校生以上):300円
・小人(小・中学生):150円
・未就学児:無料
見学時間 9:30~17:00
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館)
お問い合わせ 肝付町教育委員会 生涯学習課
TEL:0994-65-2594

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー