コラム

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】情報の産業革命とグローバルマーケットの変容

    人類は1万年前に「狩猟時代」から「農耕時代」に突入。定住が始まり、文化が生まれた。 18世紀半ばには蒸気機関の発明で人類…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】アートと地域の素敵な関係

    地域おこし協力隊の任務についてから、8ヶ月が過ぎました。 これまでさまざまな提案をしてきましたが、どれも新しいことばか…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】大隅・邪馬台国説について考える

    旧高山町(現肝付町)出身の中村敏矢氏は歴史愛好家で、郷里の歴史に思いをはせ、関東在住の鹿児島県出身の有志を集め、3~4…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】地域を輝かせるのは結局、人なのだ

    ひとつまた地域の灯=宝が消えてしまいました。美しい海岸とのどかな農村風景がとてつもない魅力となっている地域、肝付町辺…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】忘れ得ぬ恩人・米盛幹雄さん(時評社会長)

    郷里、鹿児島県高山町(現肝付町)の大先輩、米盛幹雄さんが3月10日、急逝された。ベンチャ-精神旺盛で、競争の激しい東京で官…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】知的好奇心について

    前回のコラム記事「『何もない』田舎で本当にないもの」はアクセス数が2100を超えて、きもつき情報局始まって以来の高アクセ…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】「何もない」田舎で本当にないもの

    日本、というより自分が生まれ育った田舎に戻ってきてはや6年。この間、何度も何度も聞かされたセリフがあります。「ここに…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】忘れ得ぬ恩人・二階堂進先生

    私の人生で忘れ得ぬ方に、郷土の先輩・元自由民主党副総裁で官房長官や建設大臣、科学技術庁長官など自民党の数々の要職を歴…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】漱石と伝四、そしてわが学生時代

    大学2年生になったとき、友人から次のような話を聞いた。「東大前の本郷追分町に鹿児島奨学会(元島津奨学会)運営の寮・同学…

    • きもつき情報局コラム

    【きもつき情報局】高知の若者とセツばあちゃんと宇宙の原理

    昨年暮れ、一通のメールがきもつき情報局宛に届きました。メールの差出人は高知で農業研修を受けている井阪君という23歳の若…

カテゴリー