★【令和3年度打上げ予定】イプシロンロケット5号機 / 革新的衛星技術実証2号機

目 次
▶ 打上げ予定日:令和3年度内 ※詳細が分かり次第掲載します
▶ 打上げの舞台:JAXA内之浦宇宙空間観測所
▶ 打上げ見学 ※詳細が分かり次第掲載します
▶ 応援メッセージ募集
▶ フォト&ムービーギャラリー
▶ イプシロンロケットのこれまでの打上げ



打上げ予定日:令和3年度内 ※詳細が分かり次第掲載します

イプシロンロケット5号機とこれに搭載される革新的衛星技術実証2号機が、令和3年度内にJAXA内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定です。
詳しい日程が分かり次第、ここでお知らせします。

イプシロンロケットについて詳しくはこちら:
JAXA HP「イプシロンロケット」

革新的衛星技術実証プログラムについて詳しくはこちら:
JAXA HP「革新的衛星技術実証プログラム」

イプシロン4号機打上げの様子



打上げの舞台:JAXA内之浦宇宙空間観測所

JAXA内之浦宇宙空間観測所は、1962(昭和37)年に東京大学生産技術研究所の付属施設として設置されました。
「日本の宇宙開発の父」糸川英夫博士のアイデアで山を切り開いて建設された、世界でも珍しいロケット発射場です。
地元地域との交流が深く、いつしか「世界で一番、地域から愛されるロケット発射場」と称されるようになりました。

1970(昭和45)年、日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げました。
それ以来、大小400機近くの科学観測ロケット及び科学衛星の打ち上げや、それらの追跡・データ取得などを行っています。

現在運用されているロケットは、イプシロンロケット観測ロケットです。
種子島のロケット発射場が液体燃料を使う大型ロケットを打ち上げるのに対し、ここでは固体燃料を使った小型のロケットが打ち上げられます。

JAXA内之浦宇宙空間観測所について詳しくはこちら:
肝付町観光協会HP「JAXA内之浦宇宙空間観測所 / JAXA Uchinoura Space Center」



打上げ見学 ※詳細が分かり次第掲載します

詳細未定。
分かり次第掲載します!


応援メッセージ募集

あなたの応援メッセージが宇宙へ飛び立つ!
イプシロンロケット5号機と革新的衛星技術実証2号機のプロジェクトメンバーへの応援メッセージを、JAXAが募集しています。
イプシロンでは1号機から恒例となっている企画で、プロジェクトメンバーの心の支えになっているとのこと。

大仕事に臨むプロジェクトメンバーの糧になるように、熱いメッセージをお寄せください!
届いたメッセージは、イプシロンロケット5号機の赤い帯シールに印刷して機体に貼り付けられます。

応募〆切:2021年8月9日(日)23:59まで
応募と詳細はこちら:
ファン!ファン!JAXA!HP「革新的衛星技術実証2号機&イプシロン5号機 プロジェクトメンバーへメッセージを送ろう! ~あなたの応援メッセージがイプシロンロケットと一緒に飛び立ちます!~」



フォト&ムービーギャラリー

2021年6月4日(金)
1段モータが内之浦漁港に到着、搬入



イプシロンロケットのこれまでの打上げ

イプシロンロケット4号機 / 革新的衛星技術実証1号機
2019年1月18日 9時50分20秒

イプシロンロケット3号機 / 高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)
2018年1月18日 6時6分11秒

イプシロンロケット2号機 / ジオスペース探査衛星(ERG)「あらせ」
2016年12月20日 20時00分00秒

イプシロンロケット試験機(1号機)/ 惑星分光観測衛星(SPRINT-A)「ひさき」
2013年9月14日 14時00分00秒