肝付町の春の花 開花情報2024

お花見スポット見頃時期
ロケット桜
JAXA内之浦宇宙空間観測所内
※例年の見頃:2月上旬
イワツツジ
JAXA内之浦宇宙空間観測所内
※例年の見頃:2月下旬~3月上旬
テコテン桜※例年の見頃:3月中旬~下旬
高山川河川敷の桜並木(二階堂家住宅前)※例年の見頃:3月下旬~4月上旬
やぶさめの里総合公園桜並木※例年の見頃:3月下旬~4月上旬

 

2023年の開花状況はこちら

2024年2月14日(水)

テコテン桜

いくら今年は暖かいとはいえ、さすがにテコテン桜は咲いていません。むしろ悠然としています。

2024年2月7日(水)

暴風のち晴れ

月曜日から火曜日にかけて内之浦はちょっとした台風並みの暴風に襲われました。幸いなことに桜は無事で満開です。

今週末は「きもつき宇宙フェス」なのですが、実は同日に「半島隅くじらinかんまちあ」も開催される為に当協会はスタッフ総出になります。当分の間はページの更新が止まりますが、どうかご容赦ください。

2024年2月4日(日)

雨のち濃霧

雨のせいか少し冷えますが、さすがに南国だけあって気温は14度。桜は予想通り見頃となって皆様のご来場をお待ちしております。が、その観測所は雲の中。頭上に34mパラボラアンテナがあるはずなのに視認できないほどの濃霧の中のロケット桜です。

当初は昨年より18日ほど早いと感じたのですが、先週の寒波でブレーキがかかったのでしょうか、昨年の2/14 とほぼ同じような開花状態だと思います。

4枚目はイワツツジですが、面白いことにこちらは昨年と同じ日に最初の花が確認されました。

2024年1月29日(月)

再び高気温

朝は氷点下まで冷え込んだのですが、11時ごろの内之浦の気温は12度前後。日差しが強いせいか体感はもっと暖かくて春のようです。
桜は早かったりのんびりだったりと様々ですが、早い木は満開、遅い木は5分といったところでしょうか。おそらく次の土日ぐらいから見頃になると思うのですが、何と天気予報はひたすら雨…..

門衛所のすぐ上資料館の横
M台地の片隅とある旧道
銅像を見下ろす高台計器センターの奥

2024年1月24日(水)

寒波到来

暖かくなったり寒くなったりですが、23日の午後から大隅半島は強い寒波に見舞われて積雪が観測されました。内之浦宇宙空間観測所でも積雪があり、桜の撮影に行ったのが13時頃だったのですが、その時間帯でも衛星ヶ丘展望台(20mパラボラ)の北斜面には雪が残っていたほどです。

肝心のロケット桜は積雪と暴風の影響が心配だったのですが、それらをものともせずに着々と開花しています。右下の画像は計器センターの奥にある寒桜(初紹介?)で、淡く柔らかい色が特徴です。

今週はこのまま低い気温で推移する予報ですが、来週からは10年に1度という高気温が予想されています。1月末から2月初めがとても楽しみです。

2024年1月21日(日)

本日の宇宙空間観測所の気温は軽く20℃を越えています

開花が早い1本はもう満開に近い状態で、一番遅い木もどんどん咲き始めています。すべての木を過去の画像と比較してみたところ、昨年の2月8日とまったく同じ状態である事が分かりました。つまり昨年よりも18日早いことになります。(昨年の満開は2月18日ごろ)
明日からの気温は低く推移するようですが、どうやら今月の末にはもう見頃になりそうです。

下の画像は観測所近くの土手に咲く菜の花です。

2024年1月13日(土)

今年は桜に限らず…

JAXA内之浦宇宙空間観測所の敷地を一通り回ってみたのですが、どうやら今年は桜に限らず全てが一足早く春を迎えているようなイメージです。
いつもは完全に蕾だけのはずの「一番遅いロケット桜」でさえもチラホラと開花しており、驚いたことに34mパラボラの台地の片隅にはリビングストンデイジー(通常は早くても2月中旬)が咲いているではありませんか。今年は一体どうなるのでしょう。

2024年1月8日(月)

ロケット桜が咲いてる!?

それは「きもつき宇宙フェス」に使用する写真の撮影に行った時の事でした。なんとロケット桜が咲いているではありませんか。もちろんすべての木がこの状態なのではありません。実はこの木のこの枝は飛びぬけて早く咲くことは分かっていたのですが、それでも昨年は1月20日前後にチラホラと咲いていた程度。おそらく正月にはもう咲き始めていたものと推測されます。昨年は「この枝がこのぐらいの状態」になってから約20日で他の木が満開になっています。もしかしたら今年は2月11日「きもつき宇宙フェス」ごろに丁度、満開になってくれるかもしれません。