【きもつき情報局】今なお続く野崎の鎌踊り(2014年)

豊年豊作を願うため、肝付町で今なお続けられている棒踊りや鎌踊り。3月に入ると、その伝統行事が各地で始まります。その皮切りとなる野崎地区の鎌踊りが3月16日、同地区の伊勢神社を中心に行われました。
 
今年も水窪と津曲の2つの集落が参加し、伊勢神社に踊りを奉納します。子どもたちが中心で、唄に合わせて、時折、声をあげながら踊ります。色鮮やかな着物にたすきをかけ、鉢巻をしめた正装でナタと鎌を使い、複雑な動きで打ち合います。
 
奉納後は、伊勢神社から山を下ったところにつくられたため池、天道池で水神に踊りを奉納し、各集落で数十軒の家をめぐって踊りを披露していきます。今回のフォトレポートでは、この野崎の鎌踊りを紹介します。
 

20140316_nosakikama1.jpg

鎌踊りが奉納される伊勢神社。
 

20140316_nosakikama2.jpg

伊勢神社の由緒書き。
 

20140316_nosakikama3.jpg

午前10時30分頃、踊り手たちがやってきました。
 

20140316_nosakikama4.jpg

代表者の玉串奉奠に合わせ、かしわでを打つ踊り手たち。

20140316_nosakikama5.jpg

鎌踊りが始まりました。
柄が長い方がナタ、短い方が鎌です。

20140316_nosakikama6.jpg

まずは津曲集落が奉納します。
 

20140316_nosakikama7.jpg

続いて水窪集落が奉納します。

20140316_nosakikama8.jpg

カメラマンが大勢集まりました。

20140316_nosakikama9.jpg

神社から山を下ったところにつくられた天道池
今度はこの池のほとりで踊ります。
 

20140316_nosakikama10.jpg

ここでは2つの集落が同時に踊ります。
 
この後、昼食をはさんで各集落で数十軒の家をまわって、踊りを披露していきました。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)