【きもつき情報局】突然変異のキンセンカ?!

4月中旬のある日、町内に住む肝付町文化協会の大野重敏会長から電話がありました。

 
うちのキンセンカがちょっと変なことになっているんだけど……
 
さっそく大野さん宅に行ってみると、確かに「変なこと」になっています。一度咲いた花の花殻から新しい花が咲こうとしているのです。
 
一本は花殻の中心部から一輪、もう一本は花殻の脇から7輪の花が咲こうとしています。
 
これって世紀の突然変異?なんて、そこまでは思いませんでしたが、何やらごく珍しい現象のように思えて、さっそくインターネットで検索してみたところ、残念ながら、それほど珍しい現象ではないことがわかりました。キンセンカ類にはたまに見られる現象とのことでした。
 
でも、少なくとも大野さんもこれまで見たことがないわけですから、珍しいことには変わりありません。
 
せっかくですので、その現象を写真でご覧いただくことにしましょう。
20140410_flower01.jpg
ご覧のとおり、咲き終わった花の後に新しい花が出てきています。
20140410_flower04.jpg
花殻の真ん中あたりから伸びています。
20140410_flower02.jpg
こちらはさらに珍しいのではないでしょうか。7輪の花が伸びています。
20140410_flower03.jpg
まさにラッキーセブン?!何かいいことが起きそうですね。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)