【きもつき情報局】猫好き必参!? 御社神社

猫をまつった神社として、鹿児島市の仙巌園にある猫神神社が有名ですが、実は肝付町にも猫にまつわるいわれのある神社があります。
 
流鏑馬奉納で有名な四十九所神社の近くにある御社(五社)神社です。四十九所神社の前を流れる水路沿いに250メートルほど東へ向かったところにあります。
 
(弓張城のあった山の麓にある御社神社。神社の前を流れる水路付近では、時期になるとホタルが飛びます)
 
この神社には、飼い猫が出ていって帰らない時、病気の時にお参りして、粢(しとぎ※)を供えれば、7日経たないうちに必ず帰ってくる、病気が治るという言い伝えがあるのです。
 
※しとぎ…神前に供える、米粉でつくった餅のようなもの。
 
これは江戸時代後期に編纂された「三国名勝図会」に記されています(三国名勝図会巻之四十八参照※)。
 
※国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧することができます。
 
(「三国名勝図会」より抜粋)
 
それによると、この神社は、16代肝付兼続が天文2年(1532年)に、謀反を起こそうとした叔父の兼親とその妻子、飼い猫を殺した祟りを恐れて、天文8年(1539年)に建立されたと伝わっています。戦国時代らしいといえば、実に戦国時代らしいエピソードです。
 
「三国名勝図会」においては、兼親夫妻、子ども2名、猫をあわせて「五所宮と崇む」と記されていますが、まつられているのは兼親夫妻と子ども(2名)と兼親の母親の5名という説もあるようで、はっきりしません。
 
なにせ500年も前のことですから真相はわかりませんが、三国名勝図会に書かれた当時、猫にまつわるいわれがあったのは確かなことではないでしょうか。猫好きの方はぜひお立ち寄りください。
(四十九所神社近くにいた子猫)
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリ一覧
◎きもつき情報局
〇動画
〇地域・イベント
    地域の話題
    伝統
      ・流鏑馬
   
    インタビュー
    観光案内
    アーカイブ
〇歴史
    歴史探訪
〇自然
    釣り関連