【きもつき情報局】ダンスやみかん狩りでパートナーを探せ!

肝付町が主催する婚活イベント「君に胸キュンinきもつき」が12月15日、町の宿泊研修施設、高山やぶさめ館で開催されました。
 
10回目となる今回の婚活イベントには男性19名、女性20名の計39名が参加、遠くは日置市や薩摩川内市からの参加もあり、初めて企画されたみかん狩りやサルサダンスを楽しみました。
 
参加者は、自己紹介で自分のアピールポイントなどを紹介したあと、さっそくサルサダンスに移りました。講師は「踊る観光協会事務局員」としてメディアにも取り上げられている町観光協会の尾身健さんです。
 
尾身さんから基本的な動作を教わった参加者は、男女ペアになって前後や横にステップを踏み、約1時間みっちりと音楽に合わせて汗を流しました。
 

20131215_munekyun1.jpg

軽快な音楽に合わせてダンスを楽しむ参加者
 
ダンスでコミュニケーションをとった成果でしょうか、お互いの緊張がほぐれた様子でその後も男女の会話が弾んでいました。初めて体験したという男性参加者は「普段使わない筋肉を使ったようでくたくたです。でも女性メンバーと打ち解けられてよかったです」と話していました。
 
次はバスで場所を移動してのみかん狩りです。会場となったのは、町内で果樹を栽培する前村果樹園。参加者はそこで、路地植えのさくらじまこみかんやポンカン狩りを楽しみました。
 

20131215_munekyun2.jpg

鈴なりに実った前村果樹園のみかん
 
その後は会場に戻って昼食、そして自由時間で意中の相手に最後のアピール。そして、いよいよカップルの発表となります。参加者それぞれが意中の人の番号をカードに記入し、それを運営スタッフが集め、ナンバーを照らし合わせてカップルを発表します。その結果、今回は2組のカップルが誕生しました。
 
また、この日は最後にサプライズゲストとして1組の若夫婦が登場しました。このイベントがきっかけで結婚が決まったということで「私たちも何回かこのイベントに参加して出会いました。1回だけであきらめないで、何回も参加してください。そうしたらステキな出会いがあるはずです。頑張ってください」とエールを送りました。
 
ちなみにイベント担当者によると、他にもこのイベントがきっかけとなってすでに結婚しているカップルが1組、また予定しているカップルも1組あるということでした。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)