【きもつき情報局】岸良からウミガメ128頭を放流(2014年)

肝付町岸良地区にある岸良小学校では長年、ウミガメの卵を保護して校内の孵化場「ウミガメハウス」で飼育し、そこで生まれた子ガメを海に放す活動をしています。
 

20140902_umigame3.jpg

海へ向かって懸命に進む子ガメ
 
今年は小中学校のPTAが主体となって行っている採卵パトロールで、6月26日に2頭のアカウミガメが産卵した約200個の卵を保護し、128頭の子ガメを9月2日に放流しました。
 

20140902_umigame1.jpg

放流会に集まった子どもと地域住民
 
夕方5時半から行われた放流会には、同小の子どもたちの他に地域住民も参加し、1人1頭ずつ手渡された体長10センチほどの子ガメを波打ち際で横一列になって「アカウミガメさん元気でね!帰ってきてね!いってらっしゃい!」と全員で声をかけ海に向かって一斉に放しました。
 

20140902_umigame2.jpg

 波打ち際で子ガメを放す参加者
 
すべての子ガメの姿が見えなくなるまで見送っていた同小5年生の甲斐紗也香さんは「いなくなってしまうのは寂しいけど、元気に育ってまた岸良の海に帰ってきてほしいです」と話しました。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)