【きもつき情報局】ロケット見学場を観光スポットに

内之浦宇宙空間観測所の打ち上げの様子を見物できる宮原ロケット見学場の整備が概ね終了し、5月23日に内之浦宮原地区の同見学場で記念植樹式に合わせて一般公開されました。
 
この整備事業は平成25年のイプシロン打ち上げ時に宮原見学場の駐車可能台数350台に対し、約27倍の9500台を超える申し込みがあるなど、今後の受け入れ体制のありかたが検討されました。そこで肝付町と鹿児島県大隅地域振興局が協力して駐車可能スペースの確保を含め、通年で利用可能な観光スポットとして平成26年から整備を進めてきました。
 

20150523_miyabaru1.jpg

上空から撮影した宮原見学場(IHIスペースポート内之浦)
 
整備後の見学場には、面積を広げた展望広場に芝生が張られ、東屋と展望台が設置されました。遠くは種子島まで望める展望公園として利用できます。
 

20150523_miyabaru2.jpg

 新設された東屋と展望所
 

20150523_miyabaru4.jpg

展望広場に続く舗装道路
 
駐車場は500台の駐車スペースを確保。アスファルト乳剤散布によって固められ、雨による地盤のぬかるみが改善されました。
 

20150523_miyabaru3.jpg

 上空から撮影した駐車スペース
 
今後はこの他に公衆トイレの新築や外灯、JAXAから無償で提供されるパラボラアンテナの模型が設置される予定です。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)