【きもつき情報局】川上地区の新米アピール(2015年)

肝付町川上地区でとれる米のおいしさをアピールしようと、8月23日、やまびこ館新米祭りが開催されました。
 
20150823_kannnai.jpg
買い物客でにぎわう館内
 
同地区にある物産館、やまびこ館で、地元でとれた新米をはじめ、地域住民の手づくりお菓子や梅干しなどの加工品、高山漁協の協力による鮮魚の販売のほか、新米おにぎりの配布や新米両手すくいなどが行われ、町内外からたくさんの来場者でにぎわいました。新米と味噌、ハウスミカンの入った「田舎の詰め合わせ」も人気で、町外へ発送を依頼する人もたくさんいました。
 
20150823_azi.jpg
新鮮なアジも販売
20150823_sukui.jpg
新米の両手すくい
また、隣の川上地区公民館で、肝付町食生活改善推進連絡協議会のメンバーを講師に新米クッキング教室も開催され、子どもたちが新米を使った料理に挑戦しました。
 

20150823_kodomo.jpg

野菜を切る子どもたち
 
鹿屋市串良町から訪れた女性は「肝付町を通りかかったときに、看板を見て、今年もやるのだなと楽しみにしていました。手づくり品がたくさんあるのが楽しいですね」と話し、川上産の農産物で買い物かごをいっぱいにしていました。買い物をしていました。
 
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)