【きもつき情報局】銀河マラソン 県内外1008人参加(2015年)

宇宙に一番近い町、肝付町内之浦で毎年開催されている「銀河マラソン」が11月22日、同地区内之浦小学校をメイン会場にして行われました。
 
今年で29回目となる同マラソン大会には、県内外から1008人のランナーが参加し、それぞれのコンディションに合わせて1.2キロ、3キロ、5キロ、10キロの全4コースを走りました。
 
今回はフォトレポートで当日の様子を紹介します。ぜひご覧ください。
 

20151122_ginga1.jpg

開会式の会場に怪人タガメラーが子どもをさらいに乱入。
 
20151122_ginga2.jpg
銀河連邦ヒーローのイプシリオン。
辺塚だいだいソーダジュースをタガメラーに渡して和解。
 

20151122_ginga3.jpg

軽快なリズムの準備運動で体を温める参加者。
 

20151122_ginga4.jpg

イプシリオンも一緒に。
 

20151122_ginga5.jpg

 1組目、3キロコースのランナーが一斉にスタート。
 

20151122_ginga6.jpg

一番にテープを切った3キロコースのトップ選手。
 

20151122_ginga7.jpg

小学生ランナーがゴール前でデットヒートを繰り広げる。
 
 

20151122_ginga8.jpg

終始、笑顔で走り続けるシニアランナー
 

20151122_ginga9.jpg

沿道で応援する子どもたちとタッチして走り抜ける、
微笑ましい光景も見受けられました。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)