【きもつき情報局】広大な水田を潤す田布尾井堰

肝付町高山地区の高山川下流域に位置する、広大な新富水田と前田水田の水は、高山川中流にある田布尾井堰から取水しています。
 
高山郷土誌によると、この井堰は当初1671年(寛文11年)に柴井堰として竣工、近年では、コンクリ-トで構築されて昭和57年に竣工し、現在に至っています。
 
今回は、この田布尾井堰から水利用されている新富水田までの経路を、写真でたどってみました。
 
201707_suiroshuku.jpg
水路の経路と写真を撮った場所
①田布尾井堰
01tabuo201707.jpg
②竣工記念碑(昭和57年10月)

02shunkokinenhi201707.jpg

③中村園近くの用水路
03nakamura201707.jpg
④用水路の側に鎮座する田の神
04tanokami201707.jpg
⑤神之市付近の用水路

05kaminoichi201707.jpg

 
⑥二階堂家住宅付近の用水路

06nikaido201707.jpg

⑦史跡の説明板

07kanban201707.jpg

⑧二階堂家住宅

08nikaidojutaku201707.jpg

 
⑨四十九所神社付近の用水路
09sijuukusho201707.jpg
⑩四十九所神社
10jinja201707.jpg
⑪恵心保育園(西方寺)付近の用水路
11keishin201707.jpg
⑫終点、新富地区反復利用ポンプ室付近

12pon201707.jpg

ここのポンプから広大な水田に水が送り出されている
 

13suiden201707.jpg

 新富水田を一望する
14ine201707.jpg
早期米はまもなく稲刈りの季節
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリ一覧
◎きもつき情報局
〇動画
〇地域・イベント
    地域の話題
    伝統
      ・流鏑馬
   
    インタビュー
    観光案内
    アーカイブ
〇歴史
    歴史探訪
〇自然
    釣り関連