【きもつき情報局】岸良小中一貫校の稲刈り

早期米の栽培が盛んな肝付町では、8月上旬に各地で稲刈りが行われます。
 
今回は、町民レポーターの平田英子さんが岸良小中一貫校で行われた稲刈りについてレポートしてくれました。
 
 ※  ※  ※  ※
肝付町の岸良小中一貫校では、校庭の一角に田んぼを作り、毎年、子どもたちが地域の人々の協力のもと、稲を育てています。
 
昨年はイノシシ被害で収穫できなかったため、今年は4月の田植えの後、イノシシ避けのフェンスを設置しました。
201704_taue.jpg
20170804_inaho.jpg
 
刈り時を迎えた8月初め、台風が迷走したため天気予報とにらめっこしながら、4日に稲刈りをすることに決定。朝の8時半、子どもたちが集合し稲刈りを開始しました。
 
20170804_inekari.jpg
 
毎年、田植えから稲刈りまで子どもたちに教え、見守っている宮薗テルさん(90歳)も元気に参加。冨吉校長をはじめ先生方やPTAのみなさんも一緒に稲刈りし、「昨年は、猪被害で収穫できませんでしたが、今年はこんなにたくさんとれました」と笑顔で話していました。
20170804_inekari2.jpg
20170804_kisiraine.jpg
 刈り終わると、台風の影響を考えながら、稲干し場所をどこにするか、意見がまとまるまでの間、休憩に。
 
201704_sakuno.jpg
 
 田んぼの隣には夏野菜のオクラ、ゴーヤ、きゅうり等が植えてあるのですが、子ども達はそこから食べ頃のきゅうりをもいで、「(もぎたては)初めて食べた。おいしいしい。もっと食べたい」などと話しながら頬張っていました。
 
201704_kyuuri.jpg
 
稲干しの場所が決まったところで、稲掛けをつくり、稲を掛けて終了。今回初参加した子ども達は「楽しかった」と笑顔を見せていました。
 
20170804_kakebosi.jpg
20170804_kakebosi02.jpg
 
台風接近にもかかわらず稲刈りの間は、みんなのパワーか、雨も降らず、お日様が顔を出していました。
 
1週間ほどで、新米が食べられるようです。みんなのおにぎりを頬張る顔が目に浮かびます。
 
8月14日に行われるナゴシドンの奉納舞いにも、この小学生のなかから2名が参加します。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)