【きもつき情報局】気軽に利用を! 新富おじゃんせ結いの家見学会

「新富おじゃんせ結いの家」の見学会が2017年11月19日に開かれました。
 
肝付町高山の新富地区の中心部、かつて賑わっていた商店街にある空き家を利用したこの場所は、これまでも暮らしの保健室などが開催されてきました。
 
20171119_ojansegaikan.jpg
かつての「銀座通り」に面している
 
地域住民のつながりをつくる目的で、今年10月からは肝付町社会福祉協議会が運営・管理することになり、あらためて「新富おじゃんせ 結いの家」と名付けられました。住民の交流・活動場所として、無料で利用することができます。
 
まずは地域住民にどんな場所か知ってもらうために、今回、見学会が開催されました。
 
20171119_ojansekanban.jpg
見学会の案内板
 
見学会にあたっては、今年6月に立ち上げられ、この場所で活動している「銀座サロン」のメンバーが、紅白のいこもちやお茶などでもてなしました。
 
20171119_ojanseikomochi.jpg
 いこもち進呈
 
いこもちは、メンバー10名が前日に集まって手づくりしたもの。商店街で菓子店を営むメンバーを中心に200個ほど準備しました。
1回つくってみた後、少ないのではないかという話になり、「足りんよりは余ったほうがよかが」と材料を買い足して、もう1回つくったそうです。
 
「わいわいやって楽しかったよ」とメンバーのみなさん。ここで月2回活動しているものの、「2階には上がったことがなかった」と、おもてなしの合間に階段を上がって自分たちもあらためて見学していました。
20171119_ojansenikai.jpg
階段が2カ所あって通り抜けでき、子どもたちに人気という2階
 
暮らしの保健室の常連さんをはじめ、友人に誘われて初めて訪れた人など、集まった人々はお茶を飲み、いこもちを食べておしゃべりを楽しみました。
 
20171119_ojansenigiwau.jpg
和やかにお茶のみ
 
この場所で何か活動をしていることは知っていたものの、なかなか訪れる機会がなく、今回、初めて訪れたという女性は「素敵な場所ですね。女子会などに利用してみたいです」と話していました。
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)