【きもつき情報局】やぶさめロード 14 やぶさめ本番(2012年)

9月3日から、およそ1ヶ月半に及んだ厳しい練習を経て、10月21日、ついにやぶさめ本番を迎えることになりました。

 

今回のやぶさめロードでは、その本番当日の一日の動きを、時間を追って詳しく写真でお伝えします。かなり枚数が多いですが、できたら最後まで見てくださいね。(なお、ビデオレポートは後日アップする予定です。)

 

7:08
2012/10/21(日)

708.jpg

肝付町役場隣のコミュニティセンター1階で羽織袴を身に着けているところです。

 

7:19

719.jpg

役場近くの高山小学校にはすでに馬が到着しています。
手前のはやぶさは、しめ縄をムシャムシャ食べています。

 

7:37

737.jpg

馬に飾りをつけているところです。馬にとっても今日は晴れ舞台です。

 

7:54

754.jpg

再びコミュニティセンターです。鎧武者にワラジを履かせているところです。
なかなか貫禄があります。

 

7:57

757.jpg

鎧武者を中学生たちが取り囲んでいます(彼らは的持ちをします)。
まるで映画『スターウォーズ』のダースベイダーのようです。

 

8:24

812.jpg

コミュニティセンター2階の部屋では射手の化粧が始まりました。

 

8:32

832.jpg

一方、河川敷では祭の開会式が始まっています。

 

8:34

834.jpg

開会式に参加するのは後射手です。射手は化粧中なので参加できません。

 

8:34

834-2.jpg

同じ頃、コミュニティセンターでは射手の化粧が続いています。

 

8:36

836.jpg

次第に凛々しい表情になっていきます。

 

9:28

928.jpg

化粧が終わり、今度は衣装を身につける番です。

 

9:33

933.jpg

後射手と射手が並んで記念撮影です。

 

9:35

935.jpg

10時から始まるパレードを前に一瞬、子どもに戻る二人(テレビでアニメを見ています)

 

9:41

941.jpg

パレードに出発する前に神事が執り行われます。

 

9:50

950.jpg

パレード出発10分前です。

 

10:11

1011.jpg

10時ジャストにパレードが始まりました。

 

10:36

1036.jpg

こちらは河川敷。丸太の早切りに挑戦中です。

 

10:42

1042.jpg

人気の魚のつかみどり。それにしてもデカイ魚です!

 

10:46

1046.jpg

このとおり河川敷には大勢の人が集まっています。

 

11:06

1106.jpg

高山川にかかる橋を渡っているところです。

 

11:13

1113.jpg

町の中心部に入って来ました。

 

11:21

1121.jpg

普段はあまり人気のない通りが人でいっぱいです。

 

11:31

1131.jpg

コンビニの前ではコンサートが行われています。
歌っているのは「つむぎんちゅ」というあまみ島唄ユニットだそうです。

 

11:41

1141.jpg

露天商の並ぶ通りを一行が通ります。

 

11:44

1144.jpg

四十九所神社では「弓受けの儀」の前にひょっとこ踊りが奉納されています。

 

12:10

1210.jpg

正午から「弓受けの儀」が始まりました。
こちらは射手が祝詞を奉上しているところです。 【写真:肝付町役場提供】

 

12:23

1223-2.jpg

こちらが「弓受けの儀」の最大の見せ場。射手が弓を受け取るシーンです。
気合十分です! 【写真:肝付町役場提供】

 

14:45

1445.jpg

ついにやぶさめの本番が始まりました。こちらは最後の走りです。
今年の射手は9本中8本を命中。ほぼパーフェクトの出来でした。
(9本全部は当てないことになっています。) 【写真:肝付町役場提供】

 

15:14

1514.jpg

記念撮影です。

 

15:21

1521.jpg

すべてを終えて役場に戻る途中の射手です。
いつもの年と違って、涙はありません。 【写真:肝付町役場提供】

 

15:35

1535.jpg

こちらはやっさん(やぶさめ)踊りです。

 

15:40

1540.jpg

さまざまな企業や団体が参加します。

 

15:45

1545.jpg

再び登場、ひょっとこ踊りです。人気があります。

 

というわけで、肝付町高山地区が1年でいちばん燃えるやぶさめ祭も盛況のうちに終わりとなりました。やぶさめに関しては、射手のがんばりとまわりの人々のサポートによって、ほぼ完璧な成果を残すことになり、これ以上ない本番となりました。さて、来年のやぶさめはどのような結果になるのでしょうか。終わったのもつかぬ間、関係者にとっての新しい1年が間もなく始まることになりそうです。

そうやって高山やぶさめは昔からの伝統を守っていくのでしょうね。

来年、また同じ場所でお目にかかりましょう!

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)