【きもつき情報局】歴史探訪 第2回 高山編5 高山用水路

きもつきの歴史について学んでいく歴史探訪の第2回高山編の第5部では、寛文年間(1661年~1671年)に島津図書久通によってつくられた高山用水路について肝付町文化財保護審議会会長、海ケ倉善通(かいがくら よしかず)さんの解説でお伝えします。
なお、以下の文章は解説を書き起こしたものですが、話し言葉のため、若干の加筆・修正が加えられていますのでご了承ください。
 
新溝記と隧道
 
道路の右側(高山川沿い)に記念碑が立っていますが、これは(今回の講座で)(墓を)見てもらった島津図書久通がつくった、この用水路の完成のときに建てられた記念碑です。
 
rekishitanbo2-5_sinkouki.jpg
高山川沿いに立つ新溝記
 
これにはその由来が彫り込んであったんですが、もう分からなくなってしまいました。一部セメントでついだり、割れたりしています。
 
もともとはこの左側の山の下にありましたが、この県道を拡張するときに今の位置に移されました。
 
これは新溝記、新しい溝と書いて「しんこうき」と読みます。
 
この文字は二階堂家住宅の先にあった昌林寺というところの坊さんが書いたものです。当時、非常に難工事だったことなど由来が書かれているのですが、もうほとんど読めません。
 
道路の左側に隧道があります。昔はトンネルのことを隧道といっていました。
 
rekishitanbo2-5_zuido.jpg
隧道の跡
 
rekishitanbo2-5_zuidosetumei.jpg
隧道の説明板
 
高山用水路がずっと(上流の田布尾堰から)流れてきているんですが、ここはせり出した山だったものですからトンネルを掘りました。その跡で、現在はもう水は流れておりません。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリ一覧
◎きもつき情報局
〇動画
〇地域・イベント
    地域の話題
    伝統
      ・流鏑馬
   
    インタビュー
    観光案内
    アーカイブ
〇歴史
    歴史探訪
〇自然
    釣り関連